【入場無料】介護の生産性向上と介護ICT-NEXTセミナー

この度、株式会社富士データシステムは、3月23日札幌グランドホテルにて『介護の生産性向上と介護ICT▶NEXT』 と題した介護事業所の経営者様、管理者様向け特別セミナーを開催いたします。昨今の人材不足を補うと期待される科学的介護手法の確立に向けたICT活用の事例と、その先を見据えた弊社の取り組み(他社システム、センサーとの連携やビッグデータ、AI活用など)をご紹介いたします。

また本セミナー終了後には、弊社も賛助会員として加盟しております「一般社団法人 全国介護事業者連盟」の北海道支部設立総会も開催されます。弊社は、本団体の掲げる「業務効率向上を目指し、制度のシンプル化、介護現場のICT化・ロボット活用の推進」という政策方針に賛同しております。設立総会には、北海道内の介護事業者様が多数参加され、設立趣旨や活動内容のご案内、懇親パーティーが催されます。(参加費:おひとり様3,000円)本団体に加盟していない介護事業者様もご参加いただけます。

ご多忙のところ恐縮ではございますが、あわせてご参加いただければ幸いです。

お申し込みは、別紙申込書をご記入いただきFAX(011-211-1247)いただくか、当サイトよりお申込みください。

セミナーお申し込み(入場無料)

セミナー概要

1)介護ICTの現状

まだ手書きで記録していると乗り遅れるかも… 各種センサーとの連携でさらに効率的に記録

モバイルによるリアルタイムな記録入力は当たり前!?
ナースコールや見守りシステムとの連携によりさらに生産性向上

■介護のICT化で最も大変なのは「介護記録の入力」

  • 約30年のノウハウが詰め込まれたiPad(モバイル)記録システム
  • 数値や文章だけじゃない!今どきの記録システムは写真も動画も記録できる!

■事業所のノウハウをICT化

  • 介護ICTにより、今まで積み上げてきたノウハウが使えなくなるのでは意味がない
  • 介護システムをカスタマイズ…システムに合わせるのではなく、運用にシステムを合わせる

■各種システム、センサーとの連携

  • ナースコールや見守りセンサーと記録システムを連携させることで、さらに生産性向上
  • システム連携で正社員2名削減、事務時間1日17時間の効率化に成功した施設も!
  • 新たにリリースされる各種システム、センサーと柔軟に連携できる記録システム

2)介護ICTのミライ

ビッグデータ、AIの活用事例 業務省力化から業務自動化へ

介護記録は自動化する!?リストバンド、顔認証、加速度センサー等
集まったビッグデータをAIで分析

■国や厚生省が言っていること

  • 内閣府(未来投資会議)…標準化→ネットワーク化→ビッグデータ化
  • 経済産業省…ロボット介護機器に「介護業務支援」が追加
  • 厚生労働省…科学的介護の要として「CHASE」構築。2021年の報酬改定にも反映!?

■介護記録の自動化

  • 顔認証システムで利用者を特定し、体重や血圧を自動で記録
  • バイタル自動測定システム(リストバンド)で利用者を特定、歩数、バイタルを自動で記録
  • 加速度センサーでスタッフの動作から介護記録を自動化

■AI、ビッグデータの活用

  • 自動化されて集まった膨大な記録データをAIで分析
  • ケアプランの自動化…そもそも元になるデータが正確かつ大量に無いと正確な結果は出ない
  • 地域ケア経営マネジメント研究所によるビッグデータ、AI活用の取り組み紹介

■家族や医師、ケアマネとのコミュニケーション

  • 「ご家族・地域連携システム」でスマホでやりとり

 

日時 2019年3月23日(土) 13:00~ 富士データシステム 介護ICTセミナー
会場 札幌グランドホテル東館3階「玉葉」(札幌市中央区北一条西4丁目)[地図]
参加費 無料
お問い合わせ先 富士データシステム 札幌営業所(担当:小林)
TEL:011-212-1877

 

WEBからのお申込みは終了しております