転記の手間を削減

転記の手間を削減

対応サービス
介護保険 居宅介護支援 / 施設サービス / 居宅サービス / 地域密着型サービス / 地域支援事業
障害者総合支援 介護給付 / 訓練等給付 / 障害児入所支援 / 障害児通所支援 / 相談支援事業 / 地域生活支援事業

介護システム「ケアカルテ」で管理された記録は様々な帳票へ転記することができ、面倒な転記業務を大幅に削減することができます。
介護システム「ケアカルテ」の転記機能を活用すれば、手書きの転記による2度手間、記録漏れ、転記ミスをなくします。
また、監査や会議用の資料も転記機能を使って作成することができるので、これまでの転記作業を大幅に削減することができます。

転記の手間を削減

 

記録から転記をして連絡ノートを作成

デイサービスで作成される連絡ノートは相談員や看護師といった正職員が担当しているケースが多く、作成に要する時間はおおよそ40名定員のデイサービスで2~3時間です。
連絡ノート作成中は正職員の代わりにパート職員を現場に配置する等の対応が一般的です。

この連絡ノートの作成時間が短縮できれば

  • 現場業務に多くの時間を費やせる → サービスの向上
  • パート職員が不要 → コストダウン

さらに、写真を活用することで言葉では表現しきれない状況も簡単に共有できます。

 

product-point01-renrakunoto

product-point01-notecost

請求の事務処理

サービス提供事業所を運営において請求業務の事務処理量は膨大です。日々の実績チェックから月次の請求データ作成、居宅への提供票提出、国保連への伝送、個人請求書の発行、入金確認と、多くの時間を費やして業務を行っています。とりわけ随時発生する費用の把握は、現場職員の負担になっています。

 

product-point01-seikyutegaki

 

介護システム「ケアカルテ」は、介護現場で記録として入力された情報を元に、自動的に請求データを算定してくれる機能があります。

  • 転記による2度手間、記載漏れや記入ミスを無くす
  • 事務処理のコストを抑える

 

product-point01-seikyudata

資料請求やお問い合わせはこちら

富士データシステムの介護ソフト・介護システムは全国約5000事業所の導入実績!

054-202-0300 受付時間 平日9:00~18:00 FAX: 054-202-0277
ページトップに戻る▲