営業課の仕事紹介

お客様の課題や問題を把握し、提案書の作成、見積作成、プレゼンテーションなど、お客様のニーズに沿った適切な提案を行います。

K・M係長
宮城県出身
2002年入社

先輩社員に一問一答

なぜ、富士データシステムを志望したのですか?

元々建設コンサルタント会社に勤めていましたが、全く違う業界へ転職という形で富士データシステムに入社しました。当時、介護保険制度施行2年が経過し、高齢福祉も大きな転換期を迎えていました。高齢化が急速に進む社会問題に対し、まだ福祉業界では発展途上であったITという観点から問題解決につなげる仕事に魅力を感じ、この業界にチャレンジする決断をしました。

この会社を選んだ一番の決め手、ポイントは何でしたか?

高齢福祉という専門性の高い分野に、提案型で付加価値の高い自社製品を開発提供している会社という点が入社のポイントでした。

現在の主な仕事内容について具体的に教えてください。

営業職です。顧客へのシステムデモやニーズヒアリング、見積り作成や提案書の作成が主な業務です。大規模な展示会や自社セミナーの開催も営業事業部としての仕事です。

仕事のどんなところにやりがい、達成感を感じますか?

営業職なので、やはり商談が成立した時の達成感が一番ですね。ただ、その後の運用をどれだけ早く業務に乗せられるかが重要なポイントとなる為、運用面でのナビゲーションとフォローから顧客の業務にシステムがハマった時、仕事としてのやりがいを感じます。

逆に、大変なことは何ですか? それをどう克服していますか?

お客様の運営するサービスもかなり多様化しており、それに合わせた提案をする為の知識が必要になります。また、いくつかの異なる制度下で事業運営されているお客様が対象となるので、制度知識が必須となります。この制度は定期的に改定されるので常に最新の知識を把握しておかなければなりません。IT企業として世の中のトレンド、新しい技術など広くアンテナを張っておく必要もあります。ただ、お客様から教えてもらう場面も多々あるので自然と身につきますね。

入社した頃のエピソードを教えてください。

転職という事もあり、全く知らない業界知識から仕事の進め方までとにかく覚える事に必死でした。入社早々から先輩に付いて、今もそうですが出張ばかりでしたね。出張時は常に分厚い介護保険制度の手引きを持ち歩いて、移動中もホテルでも読んでいた事を覚えています。入社当時は営業活動だけでなく導入研修、ユーザーサポートも営業担当が行っていたので、今思えばかなり鍛えられたのかなと思います。

会社(チーム)の雰囲気をどう感じていますか? 人間関係は?

若い社員が多い会社なのでとても活気があります。若い社員が多い分、それぞれが責任を持って進める仕事が多いので、困った時や行き詰った時はすぐ上司や先輩に聞く事ができる環境出来上がっています。情報共有もWebツールベースの為、出張中でも仕事の進捗、状況がわかるので若手の社員が困っている事を、直ぐ確認できるので相談にも乗りやすいですね。クラブ活動も盛んなので気軽に取れるコミュニケーションの場にもなっています。

富士データシステムの魅力・強み・好きなところはどんなところですか?

主軸となる福祉施設向けシステムの強みとなる部分(機能)が特化していますので、お客様へのデモ時の反応は他社とは大きく違っていると思います。特に今問題になっている介護現場の業務負担、生産性の向上という部分についてはまさに当社が25年以上前より研究開発してきた“目的”でもありますので、ノウハウは随一だと自負しています。

経験を積むことで、どのようなスキルが身に付きましたか?

営業としては通常のプレゼン以外に自社セミナーや展示会での講師担当や、場合によっては福祉学校の授業で説明をすることもあります。多人数に対してどれだけわかりやすく理解し、情報を持ち帰って頂けるかを常に意識し臨みます。参加者のその場の反応から当初予定していた説明内容を変更したり、わざと脱線したりとか、経験から臨機応変に対応するスキルが身に付きました。もちろんある程度度胸も必要ですが。

学生たちへ・・・どんなことを意識して就活するべきだと思いますか?

まず、就職を希望する企業に対して最大限の興味を持つことだと思います。それは、必ずしも学生皆さんが専門的に学んできた内容とは異なった業種・業界だったとしても。私自身もそうでしたが、その企業が“おもしろい”と思えば、その企業の歴史や関わる業界、課題や問題を調べ皆さんの興味を思いとして伝える事ができれば、企業側も皆さんの熱意を感じ迎え入れてくれると思います。ちなみに当社は私のような業界違いでもチャレンジできる会社です!!

今後身につけたいスキルや、目標、将来の夢について聞かせてください。

超高齢社会は日本に限った事では無く、アジア諸国でも深刻な問題になっています。日本の福祉業界における先端技術は今後、こういったアジア諸国へもどんどん進出していく必要があると思います。当社も既にスタートしていますが、長年のノウハウが海外でも活かされている・・・そんな企業になっていきたいですね。

今までのキャリアの移り変わりを教えてください。(どこからどこに異動し、どんな役職についたか等)

2002年:営業部員(営業部:現営業事業部)
2008年:主任(営業課)
2013年:係長(営業1課:現営業課)
2016年:係長(営業課)

1日のスケジュール

8:30
移動(出張)
前日に準備したデモ機材や資料を持ち、顧客先へ移動開始。
9:00
移動中(メールチェック)
新幹線でお客様や社内からのメールチェック。見積りや資料等の返信も行う。
10:00
新規商談
顧客先に到着。システムデモの実施。モバイルシステムなど実際に触ってもらい、飽きさせないプレゼン。次のアクションを取る為のニーズ確認も行う。
12:00
ランチ
次の訪問先に移動しつつ昼食。訪問先の途中にある名物店も事前にリサーチ!!
13:00
電話連絡
お客様からの問い合わせも空いた時間を見て必ず連絡。
13:30
ユーザー訪問
近隣にユーザーがいればご挨拶に訪問。状況確認やお困りごとなど様々なご相談、ユーザーとのコミュニケーションも欠かさず行う。
14:30
移動
15:00
新規商談
2か所目の顧客商談。ここではシステムデモでは無く、前回聞き取りした内容の見積りや提案書の説明を行う。成約確度を上げていく。
16:00
電話連絡
顧客対応中で出れなかった電話など、問合せに対応。
16:30
移動
明日の訪問先に向けて移動開始。本日はホテルに宿泊する。
17:30
宿泊先(ホテル)
メールチェック。本日ご依頼を受けた見積り等、資料作成に着手する。
19:30
業務終了
本日の仕事に目途をつけ、夕食へ。外食が多くなるのでカロリー控えめで。

1週間の様子

社内打ち合わせ、出張準備
進捗している商談や個別に属するプロジェクトなどの打ち合わせが中心。特に社内の打ち合わせが各部署で行われる分、上長も社内在室している事が多いので捕まえるのならこのタイミング!!今週の出張準備もまとめて行う。
商談訪問 出張
関東~北関東エリアを中心に商談訪問。訪問先は多県に渡る為、効率的な回り方も計算に入れる。訪問が終われば次のエリアに移動。
商談訪問 さらに出張 北上編
北関東からさらに北上し東北エリアへ。新幹線の最寄駅からレンタカーで移動する。冬は寒さが厳しくかなり辛い。豪雪地域の顧客もいるので雪道を慎重に移動する。
商談訪問 もっと出張 南下編
さらに東北エリアの顧客を訪問する。ここから徐々に南下する・・・が東北は広い!! 訪問対応が終わったら帰社の為、移動へ。時期によるが静岡が温暖な気候の為、気温差が10℃以上に(汗)。
顧客資料作成(社内)
顧客商談で発生した依頼事項を社内で作成。提案書など、集中した資料作成の時間も必要なので週末は社内でデスクワークに。メールで資料提出し早めに切り上げ家族と一緒にゆっくり家で夕食タイム。
子供達と
午前中は子供のサッカーやバスケの練習に付き合い、午後は家の掃除や買い出しと・・・。 スキを見て自分の時間を作るしかないですね・・・。
レジャーDay
子供の習い事が無い時は土日使って家族でキャンプへ!!もしくはスキを見てサーフィンへ!! リフレッシュしてから週明けからの仕事に備えます。

R・Oさん
静岡県出身
2017年入社

若手社員に一問一答

なぜ、富士データシステムを志望したのですか?

学生の頃、社会福祉についての勉強をしていました。その中で人材不足に悩む介護の業界をICTという角度からサポートできる富士データシステムの事業内容に感銘を受けたのがきっかけです。今後も人材不足に悩むことが想定される介護業界において、介護ICTの需要は増え続けていきます。企業としても将来性も惹かれたポイントです。

この会社を選んだ一番の決め手、ポイントは何でしたか?

会社説明会での正直な回答に社風が見えてきたところです。私は説明会で、お金のことや残業のこと、教育のこと等、就活生からは聞きづらいような質問を積極的に投げかけました。その際の人事や先輩社員の回答が嘘を言っているようには聞こえなかったこと、その上回答の内容が理想的な内容だったことが最後に富士データシステムを選んだ理由になります。

現在の主な仕事内容について具体的に教えてください。

営業として関東から東北までのお客様の元に伺いシステムのご紹介をしています。業務の内容は、お客様のところではデモンストレーション、商談です。社内では提案書や見積の作成を行っています。その他既に使って頂いているお客様のところへ伺い運用のフォローも行っています。遠方ということもあり、平日はホテルに泊まりながら過ごすことが多いです。

仕事のどんなところにやりがい、達成感を感じますか?

お客様との距離が縮まったと感じるときです。最初は難しい方のように感じる方でも、足を運びお話をしていくことで距離がぐっと近づき、これまで話してもらえなかった悩み事なども話して頂けるようになります。その瞬間は認められた感じがして嬉しいですね。運用フォローに伺い、施設の職員様に歓迎される時も非常にやりがいを感じます。

逆に、大変なことは何ですか? それをどう克服していますか?

覚えることの多さです。恥ずかしながら私はシステム関係に非常に疎く、とてもIT企業の社員とは思えない知識量で入社をしました。そこに合わせて介護業界への知識が求められます。頭の中がパンクしそうになるときもありますが、調べてもわからないことは上司や先輩方が丁寧に教えて頂けるので1つ1つ問題をクリアしています。

入社してから一番心に残っているエピソードを教えてください。

新人の頃にお客様の施設で介護の現場体験をさせて頂いたことです。話では「介護の現場は大変」というのは聞いており、理解しているつもりでした。しかし、実際その中に入っていると私の予想の数倍の仕事量を、職員さんは持っていました。その中でもご利用者様への笑顔は忘れずにいるところを見て、こんな素敵な仕事をしている方の助けになりたいと強く思いました。

会社(チーム)の雰囲気をどう感じていますか? 人間関係は?

非常に居心地よく感じています。上司は仕事量、難易度を考慮した割り振りをしてくれますし、どんな質問にも丁寧に答えてくれます。年の近い先輩社員は非常に相談しやすい空気を作ってくださるので、仕事以外の相談など何でも話せるような関係です。たまにフットサルを一緒にしたりしますが、プライベートを何より尊重してくださるのは非常に嬉しいです。

富士データシステムの魅力・強み・好きなところはどんなところですか?

強みは人間関係の良さと、福利厚生の良さでしょうか。相談しやすい環境、風通しのよさが富士データシステムにはあります。しかし、上司と距離が近くなっても、サービス残業などはなく働いた分はきっちり頂け、手当も充実しています。メリハリをつけて仕事ができています。

社会人になって変わったこと、学生時代との違いはなんですか?

人との関わり方です。学生のころは自分と合わない人がいたら距離を置いていましたが、それが社会人となり相手がお客様となると同じようにはいきません。どうしたら好いてもらえるか、認めてもらえるかを考えながら人と接するようになったのは大きな変化かと思います。その中で自分の甘さや間違いに気づくこともあり、実際に苦手意識を持っていた方との関係性が変わっていくと視野が広くなったような気がします。

学生時代に勉強してきたことは今活かせていますか?

福祉への関心をずっと持っていたことは、お客様との会話の中で非常に活きています。福祉の業界で働く方の多くが、福祉への情熱をもって仕事をしています。そんな方々に対して適当な会話をするわけにはいきませんが、私の場合はもとから関心があったためいろんな話を興味深く聞くことができます。お客様と話していて楽しいと感じることができるのは学生時代のおかげかもしれません。

学生たちへ・・・どんなことを意識して就活するべきだと思いますか?

学生時代の見聞は非常に狭く、知っているようで知らないことばかりです。多くの企業説明会に参加することをお勧めします。自分の知らない仕事、自分も知らなかった自分の興味に気づける機会が就職活動ではないかと思います。学生時代の時間を存分に活かして今後に繋げていってください。

先輩として、どんな人に入ってきてほしいと思いますか?

コミュニケーションをとるのが好きな方と仕事したいです。会社でもいろいろな相談をしてくれると嬉しいですし、お客様のもとに一緒に伺い2人して気に入って頂ければ最高ですね。またやる気をもって私たち先輩社員にも火をつけてくれるような方だったら尚嬉しいです。

今後身につけたいスキルや、目標、将来の夢について聞かせてください。

楽しく仕事はさせて頂いていますが、まだまだ私は営業として未熟です。毎日いろいろな人に助けられ仕事をしています。営業として自身の売り上げ目標の達成はもちろん、上司や先輩、サポートをしてくれる部署の方に迷惑をかけずに仕事ができるようになることが今の目標です。

1日のスケジュール

8:30
出社
9:00
出張準備
作成しておいた資料の印刷。デモ機材の準備。
9:40
出張出発。移動。
メールチェックや見積作成などは新幹線で行う。
11:00
乗換のタイミングなどで電話
お客様や販売店に連絡。
13:00
A社でデモンストレーション
iPad等デモ機材を持参しお客様にデモンストレーションを実施。 サービスや参加される方の役職等により内容は変わります。
15:00
移動
15:30
B社にて商談
見積の提出や、導入に向けた細かい打ち合わせ
17:30
移動
19:00
ホテル到着。その日の報告作業等を行う。
上長にその日の報告作業を行う。
こまめに情報を共有することにより適格なアドバイスが頂けます。

1週間の様子

出張準備
社内にてお客様にお渡しする資料の作成、印刷。 午後からは営業活動のため出張に向かいます。
営業活動
1日2件~3件の製品紹介デモンストレーション、商談、運用中のお客様へのフォローに伺います。同じ地域のお客様にまとめて訪問できるように効率よく予定を組みます。
展示会
数カ月に1度展示会があります。 多くの企業が集まる中、新規案件獲得のためにたくさんの方に声をかけます。
社内業務
見積の作成や、提案書の作成。 社内には質問できる方がたくさんいて助かります。
営業会議
全国の営業所とテレビ会議をし、売り上げ目標達成のための作戦会議をします。
清水エスパルスの試合観戦
ホームゲームの日には清水エスパルスの応援に! 勝った日にはそのまま宴会です。
インドアDay
趣味のアニメや映画鑑賞。ギターを弾いたりして一日をのんびり過ごします。 日曜日は家でゆっくりとしたいですよね!