研究所の仕事紹介

新サービス・製品の開発および福祉領域の発展に資するべく、学術研究活動・学術情報交換・社会貢献活動に取り組んでいます。
Y・S主任
静岡県出身
2009年入社

先輩社員に一問一答

なぜ、富士データシステムを志望したのですか?

学生時代のインターンシップがきっかけです。
学生時代所属していた研究室は数理生物学を専門としており、自然界の様々な現象を数理モデルで表現し、数値シミュレーションするというようなことをしていました。
その一環として私はケアプランを評価し最適化する為のモデルの研究を行っていましたが、それが富士データシステムの当時の会長の目に留まり、インターンシップを受け入れていただきました。

この会社を選んだ一番の決め手、ポイントは何でしたか?

将来的に超高齢社会を支えるインフラ基盤になり得る製品の開発・販売を行っている点です。
今後ますます高齢化が加速し、国レベルで人や金等のリソース不足が予想されるなか、介護施設ではいかに効率的に介護サービスを提供するかが求められます。
効率化のアプローチは介護ロボットやセンサーフュージョン等いろいろありますが、機械と機械、機械と人、人と人の情報共有の効率化を行う介護記録ソフトに、私は大きな可能性を感じました。

現在の主な仕事内容について具体的に教えてください。

主に次世代介護システムの基盤となる介護AIの開発や、センサーフュージョンの研究等を行っています。
多くの介護施設では、蓄積された膨大な量の介護記録=ビッグデータが、あまり有効活用されていないというのが現状です。
これらビッグデータの中には、例えば利用者の身体機能向上に効果的な介護モデル、事故の予兆を示す介護記録等の知見が眠っている可能性があります。
そこで我々地域ケアマネジメント研究所では、介護記録の構造化を推し進めるとともに、AI技術を応用し、ビッグデータから有用な情報を引き出す手法の研究開発等を行っています。

仕事のどんなところにやりがい、達成感を感じますか?

仕事を通してAI技術を身に着けられる点が魅力です。
近年、AI技術はIoTやロボット技術等とともに次期産業革命を引き起こすキーテクノロジーの一つとして注目され、日本のみならず世界中であらゆる企業が開発競争を繰り広げております。
このような時代の変わり目に最前線で立ち会える可能性がある仕事というのはとても魅力的だと思います。

入社した頃のエピソードを教えてください

「特技:タイピング」と公言していた為、サーバー障害でデータが完全に失われてしまったお客様施設に単身で訪問し、紙媒体で保管されていた過去3年分の記録を1週間かけて当社システムに打ち込む作業を任せられました。現在であればAIベースのOCR技術も発達しているのでもう少し効率的に作業できたかと思います。

会社(チーム)の雰囲気をどう感じていますか? 人間関係は?

私が所属する部署は札幌にあり、本社の方々と交流する機会は殆どありませんが、本社では今年度に入ってから社内サークル活動が広がりつつあり、人間関係はとても良好だと思います。
我々の部署でも本社の人が羨むようなウィンタースポーツ系サークルを作ろうという動きはあり、人間関係は良好です。

富士データシステムの魅力・強み・好きなところはどんなところですか?

現在流行りの人工知能の開発にはビッグデータが必要不可欠ですが、介護内容や利用者の状態の時間変化を長期間にわたって詳細に記録したビッグデータを保有している会社は他にはありません。
このビッグデータを有効活用することができれば、世界で戦える製品開発につながると考えています。

経験を積むことで、どのようなスキルが身に付きましたか?

入社後1~2年経った頃、当社ではデータセンターサービスを開始しました。それにともない、サーバーサイドでは大量のトラフィックを効率的にさばく技術が求められました。
この技術を実現する為、データ構造とアルゴリズム、ハードウェア特性、ネットワーク等、学生時代に誰もが学ぶような基本的な知識が役に立ちました。
このような経験を通して、知識を現実問題に応用して課題解決につなげる能力、課題解決に必要な要素を把握する能力等が身に付いた気がします。

学生たちへ・・・どんなことを意識して就活するべきだと思いますか?

仕事のモチベーションは人それぞれだと思いますので、自分に合った会社を探してください。
幸い現在は売り手市場と聞きますし、選択肢は豊富なはずです。
一度自分の人生設計を見直し、最善だと思う会社を選択したら良いと思います。

今後身につけたいスキルや、目標、将来の夢について聞かせてください。

将来的にAmazon Goのような無人の介護施設を実現したいと考えています。
そのためにAI技術、IoT技術、ロボット技術等広く深いスキルを身に着けていきたいと思っています。
また、AI分野の先進的な文献は基本的に英語で書かれている為、語学力も身につけなければいけないと思っています。

今までのキャリアの移り変わりを教えてください。(どこからどこに異動し、どんな役職についたか等)

2008年:開発課員(開発課)
2018年:主任(地域ケア経営マネジメント研究所)

1日のスケジュール

8:50
出社
9:00
朝礼
9:10
メールチェック
外部研究員、社内などからメールが無いか確認します。Microsoft, Oracle, Redhat等から定期的に送られてくる
9:30
文献調査
最新の技術情報や業界動向を集める為、論文や書籍を読み漁り、会社に役立ちそうなネタを考えます。
12:00
ランチ
観光地ということもあり、会社の周りに飲食店が沢山あります。毎日違う店に通っても、全店制覇するには1年くらいかかるレベルだと思います。
13:00
文献内容のレビュー
論文や書籍にかかれている内容が必ずしも正しいというわけではないので、論理的飛躍や矛盾が無いか等レビューします。最新の論文で提唱されている理論は、有志による実装済みソースコードがGitHub等に公開されていることもありますが、無い場合は自分の手で実装し、理論の検証を行うこともあります。
17:00
資料作成
調査結果を1論文1パワーポイント程度の簡単な資料にまとめます。
18:00
退社

1週間の様子

文献調査
論文や書籍、WEBサイト等から介護業務を改善できそうな技術を探します。
資料作成
文献調査した内容をもとに、システム全体像をイメージします。
理論の実装
文献で提唱されている理論は、有志により実装されたソースコードがGitHub等に公開されていることもありますが、無い場合は自分で実装してみます。
プロトタイプ試作
新理論を応用したシステムのプロトタイプを試作し、動作を確認します。
夜のすすきのへと消える
今週の反省をしつつ、来週何しようか考えながら、夜のすすきのへと消えます。
もちろん健全なお店ですよ。健全とは(哲学)。
日がな一日Netflix三昧
勇者ヨシヒコとかみます。
日がな一日Netflix三昧
闇金ウシジマくんとかもみます。

T・Wさん
大阪府出身
2017年入社

若手社員に一問一答

なぜ、富士データシステムを志望したのですか?

IT関連の企業へ就職しようと考えていました。また、障がい者介護のアルバイトをしていたため、その経験も活かすことができる職場を探していた時に、富士データシステムを見つけました。
「介護×IT」と言う、まさにやりたい仕事ができる企業であり、さらに研究事業を新たに開始する計画もあるとのことで、学生時代に学んだデータ分析についての知識が活用できると感じたので志望しました。

この会社を選んだ一番の決め手、ポイントは何でしたか?

富士データシステムの事業内容と、私がやりたいと思っている仕事の内容が一致していることが決め手でした。就職活動当初は、開発課志望でしたが、もし他の部署への配属となっても、介護業界をICTで支えると言う仕事にやりがいを感じることができると思いました。

現在の主な仕事内容について具体的に教えてください。

企業・組織の人材管理の分野での研究業務です。現在は、介護・医療業界における人為的失敗(ヒューマンエラー)の分野を中心に論文調査等をしています。また、分析に用いるデータの抽出や整理、関係者への研究成果の発表会や会議で使用する資料作成も行っています。

仕事のどんなところにやりがい、達成感を感じますか?

研究業務では、データ収集、抽出・整理、分析が必要であり、業務を分担することも多いです。私は特にデータの抽出・整理を担当することが多いのですが、そのデータを用いた分析から1つの解析結果が出た時には、チームとして1つのことをやり遂げたという達成感があります。

逆に、大変なことは何ですか? それをどう克服していますか?

データの抽出・整理は、データベースを使って行うのですが、その際にSQL言語を使用します。就職して初めて触れるものなので、どうしてもわからない部分は先輩にも聞きますが、自分で勉強する部分も必要であり苦労することがあります。データベース関連の資格取得を目標に勉強することで基礎的な知識を身につけました。

入社してから一番心に残っているエピソードを教えてください。

研究所に配属になったことです。研究所に興味がないか声を掛けていただき、研究職に興味はありましたが、札幌に引っ越すことになるので非常に悩みました。しかし、研究所の仕事に立ち上げ時から関わることのできる、またとない機会であり、勤務地よりも仕事の内容を重視して、研究所への配属を希望してよかったと感じています。また、いざ住んでみると札幌の住み心地も良いです。

会社(チーム)の雰囲気をどう感じていますか? 人間関係は?

現在、人員が5人と少人数ゆえに、比較的距離が近いと思います。そのため、質問もしやすく、しっかりと答えていただけます。休憩時間中には全員で雑談することもあります。休日に集まったりといったことは、今のところはないですが、今後はプライベートでの付き合いの機会を、少し作ってみても良いのかなと思います。

富士データシステムの魅力・強み・好きなところはどんなところですか?

介護ソフト業界でも、機械学習・統計解析を用いたソフトや機能の開発が活発になってきていると思います。その中でも富士データシステムでは、学術的な研究所を立ち上げて介護データの分析を行っているところが他社とは違う、大きな強みです。

社会人になって変わったこと、学生時代との違いはなんですか?

勉強する機会を自ら作る必要があることです。学生時代は、授業がありテストでは「○点以上必要」と決まっていました。社会人になってからは、身に付けるべき技術と目標とする到達度を自分で決める必要があります。自分にとって必要な技術を身に付ける勉強は、学生時代とは違った達成感が得られます。

学生時代に勉強してきたことは今活かせていますか?

プログラミングの勉強は活かせていると思います。学生時代は主にJava言語を勉強しましたが、言語が変わってもある程度は応用が効くと思います。データ分析や統計解析の勉強も役には立っているのですが、忘れてしまっている部分もあり、もっとしっかり勉強しておけばよかったと思います。

学生たちへ・・・どんなことを意識して就活するべきだと思いますか?

企業の事業内容が自分のやりたい仕事と合っているかどうかを意識するべきだと思います。勤務地や配属部署は、自分自身の考え方の変化や会社の都合で、変えたくなる、また変わってしまうことがあると思います。しかし、企業の事業内容は簡単に変わることはないので、自分のやりたい仕事と就職する企業の事業内容をよく比較する必要があると思います。

先輩として、どんな人に入ってきてほしいと思いますか?

失敗しても落ち込まない人に入ってきてほしいと思います。ミスをして怒られる、と言ったことはありませんが、研究業務というあまり経験のないことをする上で、失敗が増えてしまうこともあります。先輩がしっかりフォローをしてくださるので、今回の失敗は次回に活かすと言う気持ちで、次に進んでいってほしいです。

今後身につけたいスキルや、目標、将来の夢について聞かせてください。

介護業界における人材管理の分野での研究において、介護職員に高い専門性や適性が求められることを明らかにする結果を導き出すことが将来の目標です。社会的に重要な役割を担っているにも関わらず、決して介護現場の労働環境はよくないです。介護職員の社会的地位の向上に繋がる研究を行い、適切な労働環境が整備されるきっかけを作りたいと思います。

1日のスケジュール

8:30
出社
9:00
朝礼
本社の朝礼に、テレビ会議で参加します。
9:10
メールの確認・返信
9:30
その日に行う作業のスケジュールを確認
10:00
データ分析の担当者と打ち合わせ
分析に必要となるデータについての打ち合わせなどを行います。
12:00
昼食 弁当があるので研究所内で済ませます。
13:00
必要なデータを抽出するためのプログラムの作成・動作確認を行います。
15:00
勉強会準備
勉強会で使う論文の読み込みや必要な情報の調査を行います。
18:00
業務終了

1週間の様子

勉強会の準備
金曜日に行う勉強会でお題となる論文が渡されるので、それを読み込み、発表内容をまとめます。必要に応じて論文内の参考文献も調査します。

協力施設への連絡
研究にご協力いただいてる施設から、質問をいただくことがあります。質問と回答内容は、必要に応じて全協力施設へ共有します。
データ抽出
分析に必要なデータを、収集したデータから抽出します。また、分析可能なデータ形式に編集する場合もあります。
研究所打ち合わせ
研究所のメンバーと研究事業の進捗状況等の打ち合わせを行います。
勉強会
お題として渡された論文について、批判的論評を行います。論文の内容をまとめ、正しい部分や問題点を挙げ、メンバーと意見を交わします。
翌週の準備
会社に履いていく革靴の靴磨きをして札幌に出かけます。適当にぶらぶらしてから、スーパーで翌週に使う食材を買います。早めに帰宅して録画した映画を鑑賞します。
趣味のウィンタースポーツを楽しむ
もともとスノーボードが趣味で、せっかくの札幌なのでよくゲレンデへ行きます。
毎年ウェアやボードはレンタルしていたのですが、購入しようか迷っています。