若手社員座談会

2018年度若手社員座談会

入社1年目の社員が本音で語り合った座談会です。 1年目ということもあり、多くの知らないことに直面してきた彼ら・彼女らが感じたことをお伝えします!


  • カスタマーコミュニケーション
    センター
    K・O

  • カスタマーコミュニケーション
    センター
    T・H

  • カスタマーコミュニケーション
    センター
    M・F

  • カスタマーコミュニケーション
    センター
    K・K

  • カスタマーコミュニケーション
    センター
    M・S

1.入社してみての感想

M・S

入社前にイメージしていたことと変わらないかな(笑)

T・h

人に関してはそうだね(笑)良い人ばっかり!

M・F

それはあるね!

M・S

入社前に同期と会う機会が多かったし、入社後も部署が同じだし、同期に対するイメージも変わりないかな。

K・O

研修もあって同期とはずっと一緒にいることが長かったしね。

T・H

仕事に関してはちょいちょいイベントに参加したり、普段とは違う導入の仕事も割り振られるので、飽きもなく仕事出来てるね。

K・K

総務部長と採用担当への信頼感があって、入社後もそのまま頼れるという心強さがあるかな。

2.友人との比較

K・O

友達と話していると、良い会社に入ったなと思う。

T・H

友達から「良い会社に入ったね」って言われることが多い。

K・O

そうだよねー。

K・K

新入社員に対してとてもやさしい会社だと思う。

K・O

ちやほやされてるよね(笑)

M・S

人間関係が大きいよね。

M・F

厳しい人もいないよね。

M・S

そう!お局みたいな人がいないよね(笑)

K・O

全体的に、年齢が若いって感じる。

K・K

数字で聞いていた平均年齢が、本当なんだ!と体感できる若さがある。

K・O

実年齢より、見た目の方が若く見える人が多いのも、若く感じる理由の1つかも(笑)若く感じる分、会社に明るさがあると思う。

T・H

休みが取り易いところも友達の会社との違いかな。家賃補助も大きい!友達に「良いなー」って言われる(笑)

K・OM・S

言われる―(笑)

3.学生の頃との違い・
ギャップ

K・O

お金がある!

T・H

お金がある分、遊び方が変わったかな(笑)あとは、休日が楽しみになった!

K・O

どれだけ充実させるかって考えるようになった。

T・H

だよね。休日リフレッシュして、平日頑張るようになった。

M・F

メリハリがついたよね。

M・S

時間が大切って思うようになったかなー。生活習慣が大きく変わった!朝早く起きて、夜早く寝る(笑)

K・K

思っていたような、身構えていたほど、学生と社会人の差は無かったかな。

M・S

それが逆にギャップだよね(笑)

全員

分かる(笑)

K・K

大きな段差があったわけではなくて、、、

M・F

丁度良い坂道を上ったって感じだよね。

4.入社してから楽しかったこと
・辛かったこと

M・S

ケアクラークの勉強が辛かったかな(笑) ※ケアクラーク:介護事務に関する知識等を評価する資格。詳しくは研修制度をご覧ください。

T・H

休日の時も、仕事のことを考えなくちゃいけなかったのは、ケアクラークの勉強中だけだったなー。辛かったー(笑)

M・F

イベントでお客様に怒られたのは辛かったなー。お客様からしたら新人とか関係ないもんね。

K・O

難しい対応を割り振られたことかな。相当テンパってて変な顔してたみたいで、後から先輩に「大丈夫?」って心配された(笑)

K・K

分からないこともどんどんやっていかないといけないもんね。覚えるっていう意味で。

K・O

そうだね。出来ないことが辛いね。

M・S

楽しかったこととしては、イベント!展示会!

T・H

イベント楽しかったよね。

M・S

とにかく出張が楽しい!

M・F

ベトナムの出張楽しかった!観光の時間もあったし(笑)

5.研修についての印象
(現場実習)

T・H

職員さんってこんなに忙しなく動いているんだって初めて知った。K・K君と大浴場のお風呂につかっているときも、職員さんが走ってるの分かったし。

K・K

介護自体大変なのに、合間で利用者さんの様子を書いて、それを他の紙に転記したりってなると、時間がいくらあっても足りないってのが実感できた。

M・F

想像以上に情報管理って大変だよね。

T・H

あの現場の実情を知れて、業務への取り組み方、製品に対する思いは変わった。

M・S

そうだね。

K・O

現場でどのタイミングでどんな風に、富士データシステムの製品が使われているのか実感できたよね。

K・K

現場の様子を理解した上での、コールセンターでの対応の仕方は変わるよね。どれだけ短い時間でのレスポンスを求めているのか、とかね。

M・S

少し苛立ち気味で電話が来てても、納得できるよね。大変な現場だからなぁって。早く解決してあげないと申し訳ないって。

6.研修についての印象
(現場実習以外)

T・H

座学に関しては教育担当が、楽しく教えてくれたよね。

K・O

うとうとして怒られて立たされちゃったな(笑)

K・K

ゼミっぽい雰囲気があるよね。勉強しなくてはいけないことが沢山あるなと感じられた。

T・H

外部研修がかなり印象に残ってる。いわゆる新入社員研修で、まさに想像していた通りのものだった。

M・S

名刺交換をあの場で練習しておいて良かった!

M・F

マナー研修ばっかりしてもって感じだから2日間ってのはちょうど良かったかな。

7.カスタマーコミュニケーションセンターの
雰囲気について

K・O

思っていたよりも和気藹々としているなって(笑)

M・S

コミュニケーション取り易いよね。

T・H

他部署がいる部屋より、逆に話しやすいよね。電話がメインの部署なのに、なんでか(笑)

M・S

優しい人が多いね。

M・F

多いねー。

K・K

チームリーダーもみんな相談しやすい。

8.先輩との関係

T・H

チームリーダーはやっぱり相談しやすいし、チームリーダー感が無い人も(笑)中には怖いチームリーダーもいるけど(笑)個人的には厳しくしてくれる方が嬉しい。

M・F

叱られたがりだもんね(笑)

K・O

先輩だけど、ザ先輩って感じじゃなく、親しみやすさがみんなある。

M・F

先輩に相談した後、みんな最後に「お願いします。」って言ってくれるけど、すごいことだよね。自分の仕事じゃないのに、他人事じゃないっていう意識を持っていることに感銘を受けた。

M・S

飲みのお誘いとかあるけど、別に断っても怒られるわけじゃないし、断っても良い雰囲気を出してくれてる。

K・O

今度チームで飲みに行くよ。お昼一緒に食べに行ったこともあるし。

K・K

あ、そのとき自分だけ出張行ってて一緒に行けなかったやつだ(笑)

9.同僚との関係

M・S

プライベートで集まるとかは無いよね(笑)

K・K

同じ部署で、同じ部屋にいるから、集まって飲もうとはならないのかな。別に仲が悪いとも思わないし。

T・H

逆に仕事とプライベートの線引きが難しいくらいの関係性だよね(笑)

K・K

仕事のことで疑問に思ったことは、「みんな思ってるだろう」ってことで、まずは新人の中で共有してから相談するってのは出来つつあるかな。

M・F

関係は良好です(笑)

K・O

久しぶりにみんなでお昼ごはん行こっか(笑)

10.プライベートについて

T・H

平日仕事終わりは、家帰ってご飯食べてから、8時から10時まで寝てそのあとゲームしたりして、12時に就寝って感じです(笑)

M・S

週の半分くらいは割と飲むかな(笑)住宅系の会社に勤めてる友達が多くて平日休みだから、そこに合わせて平日飲む的な。

M・F

眠くならないの?

M・S

意外といける(笑)自分の潜在能力に気付いたよ(笑)

K・O

私も最近平日飲むようになったけど、終電で帰ってから寝ればある程度の睡眠時間は確保できるし、なんだかんだいけちゃう。
週末は、基本出掛けるかな。土曜日出掛けて、日曜日は家にいるみたいな。犬の散歩とかしてる。

K・K

土日の片方は出掛けるかな。別に決まって何かするわけではないけど。ゲームしたりとか。

11.就活中の学生へのメッセージ

T・H

話すことを決めて面接に臨む。自分はそういうのが無いと緊張するタイプだったからというのもあるけど。こんな質問が来たらこう返そう、とか。

K・K

僕は、逆にそういうのをカッチリは用意しなかったかな。予想もしなかった質問が来た時に、なかなか答えが出せないっていうそういう自分のキャラクターも見てほしいと思った。

K・O

私も台本用意してたかな。頭真っ白になりやすいし。あと、人柄を大事にしてたから、逆質問の時に「会社の好きなところはどこですか?」って毎回聞いてた(笑)人によって、表情で「この会社好きなんだな」って分かって、それが魅力に感じたり。最初は、お祈りメール貰った時ショックだったけど、ある程度経験すると「この会社とは合わなかったんだな」って思うようにして、乗り切った(笑)

T・H

ありのままの自分を見てもらえば良いのかな。過度に良く見せようとする必要はないかも。

M・S

私は、就活を楽しもうと臨んでた。富士データシステムだと、選考途中に食事会もあったけど、ああいうのすごい楽しかった(笑)緊張も含めて楽しんでほしい!

M・F

人と人とのコミュニケーションを行っているわけだから、やっぱり楽しもうという姿勢は大事だね。その方がきっと良い顔して話せるだろうし。