社員の声 カスタマーコミュニケーションセンター

社員の声 カスタマーコミュニケーションセンター

ソリューション事業部
カスタマーコミュニケーションセンター スーパーバイザー
2004年入社
静岡県出身

富士データシステム初の女性新卒社員として

old-03-interview-01

私は富士データシステムに新卒の女性社員として初めて採用されました。専門学校に求人が来たのが志望のきっかけではありましたが、同居していた祖父が就職活動中に入院したこともあって、医療にも興味がありました。当時の富士データシステムは、システムの会社だけど、プログラミングよりもサポートに力を入れていくと聞いたので、それならばぜひと思って入社しました。

若いスタッフもずいぶん増えて、会社の規模も業績も着実に成長していると実感しています。

 

お客様に最も近い存在として、システムや制度の相談に対応する

入社以来ずっとCCC(カスタマーコミュニケーションセンター)に所属しています。
CCCは、お客様のシステム運用に対する不安や疑問を解消するためにサポートするセクションです。

「システムの操作方法がわからない」、「記録入力ツールから記録送信ができない」、「こんなカスタマイズをしたいけど、変更方法がわからない」など、さまざまな要望に対して、システムや介護制度の知識を習得したスタッフがわかりやすく丁寧にお答えしています。

old-03-interview-02電話によるサポートがメインとなりますが、問合わせ内容が複雑で、電話での対応が難しい場合、インターネット回線を使ったり、リモート操作を行います。つまり、お客様の操作しているパソコン画面を私たちサポートスタッフが確認しながら電話で説明するのです。システムの操作を説明するだけに留まらず、どんな内容にすれば効率アップできるかといった運用のご相談にも応じます。入社して数年間は電話主体でしたが、最近は全国に出張してサポートする機会も増えましたね。飛行機や新幹線の落ち着ける席とか、よく使うホテルとか、ここに来たら絶対に食べに行くというお気に入りの場所ができたりします。せっかく出張に行くのですから、何か自分なりの楽しみを見つけるといいと思いますよ。

営業以外では、最もお客様と接する機会の多いセクションなので、お客様のリアルな要望を直接聞けるのが楽しいし、やりがいを感じますね。システムの導入に伺ったときに、画面を見ながら、「こんなときはこんな風にすれば簡単に見ることができますよ」と説明して喜んでいただけることもよくあります。 

何かトラブルが発生したときは真っ先に連絡が入る部署なので、責任の重さも常に感じています。システムや制度は常に変化していくので、今も日々勉強しています。常に情報収集しておかないと置いていかれますから。覚えること、習得すべきことはたくさんありますが、その分、お客様のお役に立てたという成果がわかるので、充実感はありますね。

 

意欲があれば、どんなことも克服できる!

富士データシステムの社員として必要なこと、それは「やろうという意欲」に尽きると思います。私はかつて人前で話すことが大の苦手で、プログラミングや介護制度の専門知識もまったくありませんでしたが、入社してからできるようになりました。案ずるより産むが易し、やろうとする意欲を行動に移せば何でもできるものです。もちろん、周りのスタッフも努力する人には協力を惜しまないので、何でも相談してほしいと思います。

この会社の良さは、風通しがいいところ。閉鎖的な雰囲気はまったくないし、人間関係がいいので居心地がいいですよ。駅からも近いし、女性が働きやすい環境が整っています。みなさんと一緒に仕事ができる日を楽しみにしています。



資料請求やお問い合わせはこちら

富士データシステムの介護ソフト・介護システムは全国約10,000事業所の導入実績!

054-202-0300 受付時間 平日9:00~18:00 FAX: 054-202-0277
ページトップに戻る▲