介護記録×睡眠データで見える実態~ CAREKARTEと眠りSCANの連携が実現~

CAREKARTE×眠りSCAN

介護の品質向上/利用者様の睡眠改善/利用者様の睡眠改善

連携させることでデータ管理が簡単に!

製品に関する機能・料金などの
ご相談はこちら。
お気軽にお問い合わせください。

ご相談・お問い合わせ(無料)

こんなお困りごとありませんか?

連携したからできること
CAREKARTE×眠りSCANが解決します!

眠りSCAN連携

眠りSCANから
記録を自動作成
眠りSCANで測定した睡眠、呼吸、心拍のデータを毎時0分、CAREKARTEに取込、記録が自動的に作成されます。
(ベッド上にいれば24時間計測が可能で、CAREKARTE上で1日の値の変化を確認することができます)
カスタマイズで
様々な画面に表示
カスタマイズにより介護記録と睡眠データを様々なかたちで確認できます。
それぞれの関係を分析することで、介護の質向上につながるヒントを得ることができます。

製品に関する機能・料金などの
ご相談はこちら。
お気軽にお問い合わせください。

データ作成を自動化で作業効率up!
期待される効果

なぜ眠れなかったのかが
見えてくる
介護記録×睡眠データで
見える実態 眠りSCAN連携
眠りSCANを使えば、睡眠・呼吸・心拍は把握できますが、なぜ眠れなかったのか、なぜ眠れたのかを確認することはできません。そのためには、介護記録を調べ、その日の出来事を思い返す必要があります。
眠りSCANと連携したCAREKARTEは、介護記録と睡眠・呼吸・心拍を並べて表示します。
眠れた日と眠れなかった日は、どんな様子だったか、何があったのかをCAREKARTE上で介護記録と重ね合わせて確認することができ、睡眠の質の向上、改善につなげることができます。
カスタマイズで様々な画面に表示 眠りSCAN連携

眠りSCANの睡眠・呼吸・心拍データから、毎時0分のバイタル記録を自動的に作成します。
手動計測では、一日一回程度の計測ですが、ベッド上にいれば、24時間計測が可能で、CAREKARTE上で1日の値の変化を確認することができます。

【 注意 】
  • 離床中は、バイタル記録が作成されることはありません。
  • 毎時0分の値であり、平均値等ではありません。自動的に作成されたバイタル記録は参考値として活用ください。正確な値は、専用計測器を使い、看護師等により計測してください。

CAREKARTE × 眠りSCAN
お問い合わせ

製品に関する機能・料金などの
ご相談はこちら。
お気軽にお問い合わせください。

ページトップに戻る▲